大人 と 偏見

う〜ん・・・・・・・。

今も、政治の情勢が良くないですねぇ〜。

トランプ大統領の過激な発言にしても、白人至上主義にしても、北朝鮮の挑発的な態度にとっても

疑いが疑いを呼んで、みんなが、いがみ合っています。

北朝鮮のミサイル発射は怖いですねぇ〜。

なんせ日本の上空を飛んでいるのですから。

万一、部品の一部が落下して、民家にでも落ちて、被害が出たら・・・・・と思うと恐ろしくてなりません。

 

何でみんな、仲良くできないのでしょうか。何で偏見を持つのか不思議ですねぇ〜。

人類が共通して解決できない問題ですよね。

まぁ、私がそんな政治的な発言できるレベルでも無いのかもしれませんが・・・・。

 

国益を守るため?が主な理由なんでしょうけど、でも、同じ日本(国)の中でも問題がありますよね。

例えば、芸能人の出生でどうこう言われていたり、原発の問題があったり

そんなことを考えながら、ふと小学校に習っていた「公害」の授業のことを思い出していました。

 

小学校の時に先生に社会の授業で「水俣病の公害」について事業で習っていました。

その当時の私は、ふ〜ん・・・・。昔、そんなことがあったんだねぇ〜・・・・ってそれくらいの感じです。

授業が終わった後に先生が、ここに水俣病を記録したビデオがあるんだけど、小学生の君たちが見たらショックを

受けるかもしれない。だから、小学校を卒業する6年生の最後に見せてあげます・・・・・・・。

・・・・・・・・。と言われて授業が終わりました。

 

そして、そのビデオをとうとう見せて貰うことなく、卒業してしまいました・・・・・・。

そして、その内容が、どういうものだったのか、一切知ることなく、年月が過ぎておりました。

そう、何十年も・・・・・・。

そして、それは私にとってはとても「気がかり」な「記憶」として残っていたのです。

 

そして、今はインターネットが登場して、とても便利になりました。

試しにYouTube水俣病について探してみました。

ありました。多分この映像のことなんだと思います。(ちょっと違う気もしますが)

 

そんな感じで水俣病について、大人になった今から、少しだけ再勉強することにしました。

インターネットだけで簡単に調べて、済ませている時点で申し訳ないのですが、大変勉強になりました。

 

そして、ショックを受けました。

何かと言うと、「水俣病の患者や、その家族の方々は、今現在でも差別や偏見に悩まされている・・・・」

と言うことでした。

 

あれって、昭和30年代とかに起こった出来事ですよ?そんな60年も経った今でも

何でそんなことが起きているのか??

水俣出身と言うだけで、結婚にも影響があるとか無いとか・・・・・・。今も、そう言った事実があることに

大変ショックを受けました。

 

差別や偏見はいけません!!って小学校の時に道徳の授業で教えられてきました。

私が教えられてきてから、もう数十年も経っています。

これまでも学校の先生はずっと、子供たちに教えられてきているんだと思います。

なのに何で?って感じです。

 

何で、学校で、教育を受けているのに、今でも、そう言った発言や、偏見は無くならないのだろうか?と真剣に

考え込んでしまいました。

学校の先生が、もしこの記事を読まれているのであれば、教えてほしいです。

なぜ、授業で昔から、ずっと道徳を教えてこられたのに、この「偏見」は無くならないのでしょうか?

 

そう言えば、福島の原発もそうです。

放射能の問題で、家を強制的に奪われて、各地へ避難された方々の「子供」達が、

中では、そう言った理由でいじめにあっていたり などの記事がよくありました。

住民は何も悪いことをしていません。なのに何故ですか?

 

原発関連で少し調べていたら、チェルノブイリ原発事故のことも気になったので、調べていました。

1986年に旧ソビエトで起こった原発事故です。

この事故で、数百キロの地域が高濃度放射線に汚染され、多くの住民が住処を追われたそうです。

そして、ここでも問題があったのが原発周辺地域に住んでいたと言うだけで、凄惨な「いじめ」があったそうです。

そして、10数年が経ってから健康被害に悩まされ、そこからさらに「偏見」が生まれているそうです。

日本でも、世界でも「同じ」なんだと言うことが分かると、なんだか気持ちがブルーになってしまいました。

 

こんなことを考えながら、私自身が、人生の約半分を生きてきた「経験」なんて

ちっぽけなものですが、それでも、今、私自身が、社会から助けられて、多くの方々に助けて頂けている

今があるのを本当に感謝しなければなりません。

それは、私の「今」、この様々な経験が無ければ、これまでのブログにアイデアを書くことはありませんし、

経験、体験が無ければ、こうやって考えたり、悩んだり、感謝することも無かったんだと思います。

 

そう、実際に、「自分の身」に起こらなければ「解らない」のです。本当に。

どれだけ、勉強しても「体験」に勝る発言は「無い」と私は思ったのです。

 

だから、経験、体験をさせてあげないといけない・・・・・・・とも思ったのです。

では、例えば、学校ではいじめをしてはいけませんと、言葉では言いますよね。

でも実際には無くなりません。最近は社会にとって良くない部分は、「やめろ」とか「おかしい」とか

否定を言う表現しかありません。

実際に大人でもそうですけど、偏見的な、または否定や批判の発言だけをされる方は、それなりの哲学的と言いますか、真っ当な根拠を持って発言されているのでしょうか?・・・・。まぁ、特に何も考えていないような気もしますが・・・・・。

根拠があるなら、真っ当に、だれもが納得できるだけの誠実な発言をしてもらいたいとも思います。

 

社会上、子供たちのいじめなんかも良くないとして、大人たちは隠そうとしています。

でも実際には無くならず、表面上は良くなっているように見えますが、こやって内面で見えないところに

隠れているだけなのです。

「人間はこれだけ悪い行いを沢山している。だからこれだけ罰せられているんだ!」って言うのを体験させるのは

如何でしょうか?

 

最初に思った(思っただけですよ〜)のは、

学校での教育的な指導として、「毎日交代で順番に誰かが、誰かをいじめられる」と言う授業として取り入れてしまうのを考えてみました。表面上無くそうとするのではなく、いっそのこと、大人も子供も一緒になって「悪い」部分を出して、考えさせる授業をするのです。

実際に全員が「いじめ」を体験することで、自分がされて嫌だったと「経験」させることで

偏見をなくそうと言うアイデアです。

 

あ〜・・・・そう言えば、あの時のいじめの授業、嫌だったよなぁ〜・・・あんなことは絶対にしてはいけないよなぁ〜。

あ〜・・・そうそう。私も嫌だったよねぇ〜等の話が、将来記憶として残れば面白そうだと考えました。

 

それから、裁判制度の活用〜。

国民全体にも裁判制度が義務化されておりますので、そこを活用して

リアルな裁判を傍聴する授業をするアイデアです。これで、過ちを犯した人が、どのような心境で事件を犯したのか、今後どのように裁かれるのかをリアルに知らせることで「体験」させることで偏見が無くならないでしょうか?

これは、大人たちにとっても有効かもしれません。

 

ちょっと話がそれますが、

例えば、身近なところで言えば、「交通事故」があります。

免許を持った大人たちは、1回はこの交通事故裁判の傍聴に出席されるのを「義務化」させるんです。

それによってより身近に感じて体験してもらうことで、危険な運転を少しでも減らしてもらおうと言うアイデアです。

 

色々と話がそれたりしておりましたが、今日はそんなアイデアを考えていました。

もし、気分を害された方は、何か良いアイデアを教えてください〜!!(^^;

[caption id="attachment_2087" align="aligncenter" width="272"] 見えたものに偏見はありませんか?[/caption]

 

 

 

現実 と 在庫管理 

え〜・・・・!!来週までにですかぁ・・・・・

ちょっと仕事で、調べるって言っても、もうちょっと時間下さいよぉ〜・・・。

・・・・・・・・。(はい。)分かりましたぁ。調べておきます。

はい。

はい。

はい・・・・・・・・。

はぁ〜・・・・どうしよう・・・・・。

もう、時間が無い・・・・。

 

ってことで、先日速攻で、本屋さんへ調べ物を買いに行くことにしました。

調べたいことは分かっているんですが、そんな本屋にあるのだろうか・・・・。

 

まぁ、ドライブついでに買い物でもいこう〜っと。

最初はドライブでルンルン気分でした。

1件目の本屋さんに行きました。

近くの本屋さんですが、そこそこ大きいところです。

専門書のコーナーに見に行きましたがありません・・・・。

 

う〜ん・・・・。残念

ま、次の本屋さんへ探しに行こう〜・・・・・

 

2件目、ちょっと離れた本屋へ・・・・ありません

3件目、次は大きめの本屋へ・・・・ありません。

 

がーーーーん。どうしよう・・・・・。

アマゾンや、楽天で注文したら良いと思ったのですが、

注文してから2、3日後では間に合わないのです。

ネットで調べていましたが、分かりやすく解説しているページが見つけにくく、

本屋へ探しに行こう〜ってなったのです。

 

そうだ!!大きな電気店へ行ってみよう〜!!

電気店の書店コーナーであればあるかもしれません。

ウロウロ・・・・あ、書店のコーナーがありました。

おお!!近くの本屋より専門書籍が充実しているではないですか!

意外と気づきませんでしたが、こんなところにも多少の専門書籍ってあるんですね。

 

でも。

それでも置いていません(ガーーーーン)

 

こうなったら、某ショッピングモールの一番大きな書店へ行くしかありません。

車で行っても時間がかかりますが、それは覚悟のうえで!!

某ショッピングモール近辺に差し当たった時、

ん??道路に車の渋滞が

 

んん??何で車が動かないんだろう??

と、そのまま数分が経過し、ノロノロ運転していたところ、悲惨な光景を目にしてしまいました。

渋滞の原因はみんな、某ショッピングモールに向かう車ばかりだったのです。

 

げげ!!!まじかよ!!!

すげぇ〜渋滞。

しかし、ここ以上に大きな本屋は、多分ありません。

泣く泣く駐車を待つことにしました。

 

10分〜

20分〜

30・・・・・分〜

あ、・・・やっと駐車場の入り口に

40分!!!!

60!!!!!!!!!分〜

う〜!!!本のためだけなのに、気が狂いそうです。

70分くらいは待ったでしょうか・・・・。

やっと、警備の方に案内されて駐車することができました。

夏休みってこともあって、ショッピングモールは大変な賑わいでした。

チッキショーーーー!!

普段だったら絶対にこんな混雑するところには来ないのに、

今日に限って・・・・・全くトホホ。

 

気を取り直して、本屋さんへ。

さすがにデカい本屋さんです。

歩くだけでも結構あります。

専門のコーナーへ行くと、

あ〜!!!!ありましたぁ〜・・・・。数は少なかったですが置いていました。

よかったぁ〜っと、購入出来て、一安心。

めでたし、めでたし。です。

 

しか〜し、本を探すだけで、かれこれ半日ぐらいは使ってしまいました。

(非常に勿体ないことをしてしましました)

 

・・・・。ん?・・・・そんなことをしなくても、

事前に電話で聞いておけば良いって思われませんでした?

その通り!!!です。

ぶらりとドライブついでに出かけたので、スマホを持っておらず、

電話番号が分からないという大失態。+家に帰るのも手間+まぁその辺の本屋にあるだろうと言う安直な気持ちで、このような結果になってしまいました。

反省。

・・・・・。ってか、もう、本屋なんか行きたくない!!

って言うのが正直な気持ちかもしれません。

もし、もっと時間に余裕があるのであれば、アマゾンや楽天で買っていた方がよっぽどましでした。

しかし、今回はそんな時間的余裕が無かったから許してください。

 

まぁ、なんとか購入出来てよかったですけど、

最近、実店舗の、お店に行っても、欲しい商品が置いていないってこと多々ありませんか?

 

私は、ついこの前も、文具店でちょっと変わった用紙が欲しかったので、買いに行こうとしたのですが、どこにいっても(売っていませんよ〜)っとあしらわれて終わりでした。

 

ネットで見たら、売っている商品も、実店舗で売っていないって

何だか(残念)としか言いようがありませんよね。

(まぁ、店側からしたら売れる商品しか置かないんでしょうけど)

 

本当に文房具に関しては、これまでも欲しいものがあったので、探しに行ったけど、市内の文具店には全くないことが3、4回続いているので、

 

(もう絶対に行かない!!!)

と、心に誓いたいところです。

 

はぁはぁ。・・・・今回は余りの渋滞イライラが募ってしまったので、

長文になって申し訳ありませんでした。

 

気を取り直して・・・・・・

そんな、経験から、何かいいアイデアは無いかなぁ〜と考えておりました。

実店舗のお店の情報も、ネットで検索できるようにする!!ってアイデアは如何でしょうか?

例えば、お店側のPOSデーターベース情報を元に、自動的にWebに公開するんです。

いわゆる(在庫管理)をネット上からも検索できる仕組みを作ってみるアイデアです。

 

そうすれば、〇〇が欲しい!!って言ったときに、

近くの、ここのお店だったら商品が置いていますよ〜って教えてくれる仕組みは如何でしょうか?

そうすれば、消費者としても、無駄な時間を少しは無くせて

簡単に買いたい商品を手に入れることができないでしょうか?

 

検索してお店の商品が在るか無いかを知ることができたら

面白そうですねぇ〜・・・・。そんな仕組みができたら、色々な店舗に応用できるので、素敵かも・・・・。ムフフ(金_金)

 

POSのデータ?誰が管理するねん!!

なんて思われるかもしれません。

確かに、仕組みを作るとなると、相当大変です。なので個人ではできないでしょうね。誰か、大きな企業と一緒に作ってみませんか?

 

もう一つ、最大の利点は、展開する店舗にとって

近くに住む顧客が、どのような物を欲しがっているのかダイレクトに知ることができる!!っていうものです。

 

町の本屋さんでも、年々店舗数が減少して厳しいと言っていますが、はっきり言って、顧客が欲しいものを置いていないんですよ(僕曰く)

 

顧客が欲しがっている情報検索が沢山あれば、それを元に

商品を充実させることができて、売り上げアップに繋がらないでしょうか??

 

キャァ〜・・・・想像していたら、なんだか出来てしまいそうで、楽しそうですねぇ。

今日はそんなアイデアを考えていました。(〜疲れたぁ〜)





 

笠岡のとりゼミでプログラミング!

トリゼミでは将来的に小学校の科目にもなるというプログラミングを、わかりやすく指導しています!今は小学生の生徒さん中心に授業をしています。無料体験もできるので、試してみたい方はお気軽にご連絡下さい。また、そのほかにもいろいろな口座があるので気になる方はホームページをご覧ください!

やっぱり夏期講習会!

やっぱり夏期講習会!
皆さんこんばんは! 昨日からの大雨のせいで、期末テストが延長になった学校もあるよ ...

from へなちょこ夫と嫁と子供と仲間たちの楽しみ http://ift.tt/2tt9MkA

やっぱり夏期講習会!

皆さんこんばんは!
昨日からの大雨のせいで、期末テストが延長になった学校もあるようですが、多くの学校では本日まででテストが終わったようです。お疲れ様でした。
さてそんななか、先日よりトリゼミでは夏期講習の生徒さんを募集しています。
全部通えば28日も通えて料金はたったの18000円〜!
個別での授業を行わせていただきますので、1期の間でできなかったことをこの夏休みでできるようにしましょう!
気になる方はまずはホームページをご覧ください。また、直接ご連絡いただいても構いません。無料体験授業実施中です!

期末テスト!!

期末テスト!!
皆さんこんにちは! もうすぐ楽しい夏休みですが、その前にどこの学校でも期末テスト ...

from へなちょこ夫と嫁と子供と仲間たちの楽しみ http://ift.tt/2rTEbVv

期末テスト!!

皆さんこんにちは!
もうすぐ楽しい夏休みですが、その前にどこの学校でも期末テストが行われていることと思います。中間テストのない学校でも、期末は行われるはず、避けては通れません。
そんな期末テストに備えて、とりゼミではテスト前の一週間は通い放題の対策授業をしています。
本日も4時からどんどん生徒さんが来て、すでに教室はいっぱいの状態ですが、皆さん集中しているので、静かな環境で学習できています。
こんな環境で学んでみたいと思うかた、よければ一度体験授業にお越しください。また、ホームページもご座いますのでご覧ください!